Interview

自主性が高く、若くても活躍できる職場環境に魅力を感じました。

CINQUECLASSICO井向 駿平

なぜこの会社を選んだのか?

元々、高校生の頃から洋服を選ぶこと、服を着ることが好きでした。
進路について考えていたとき、自分の好きなものって何だろう?と思ったのです。
そして選んだのが、服飾専門学校への道でした。学校では商品知識・販売論、服づくりの基礎を学びました。
また在学中には、先輩からの紹介を介して紳士服のお店でアルバイトを経験をしたことで、テーラードへの強い関心を深めました。
そういった経験の中で、本物志向である「クラシコイタリア」の存在を知り、どっぷりとのめり込むことになります。
長い歴史を持っていて、継承される伝統的な服づくりの技を駆使したメイドインイタリー製に感銘を受けました。
私が生まれるずっと前から存在しており、歴史や想いがあるブランドを取扱いしているお店で働いてみたいと興味を持ち始めたのです。
そして出会ったのが「クラシコイタリア」をベースに厳選された商品のみを扱うセレクトショップ、チンクエクラシコでした。
この会社を選んだきっかけは、会社説明会で弊社代表やバイヤー、店舗スタッフとのディスカッションの中で「自主性が高く、若くても活躍できる」と聞いたことです。
そうした企業の有り方に魅力を感じ、専門学校の講師の方からの薦めもあって入社を決意しました。